2010年09月06日

36年と言う時間

ワンコブログなんだけど、今日は横道にそれます。
珍しく長い文章(のつもり)なので
スルーしてくださって結構です。


昨日は父親の「37回忌法要」でした。
命日は9月8日なんですが
その日は平日なので、日曜日にお寺にお願いしてありました。
朝、ぽん父と母と3人で自宅を出発
息子達は、それぞれに予定があり今回は欠席です。
画像 169.JPG
今回小僧’たちは暑いので、自宅でお留守番です。
12時からお経を上げてもらい、30分ほどで終わりました
父に会えなくなってから36年の時間が過ぎて行きました。
かわいい?小学生だったぽん母も「おばちゃん」
若くて綺麗だった?母も「おばあちゃん」
遺影の中の父だけが、ず〜っと若いまま・・・。
法要の後、和尚さんと少しだけお茶を飲みながらお話して来ました。
次は50回忌まで無いこと、ここまで拝んでもらえて
幸せな仏さんだと言ってくれました・・・・。
母が将来父の元に旅立つ時は、しわくちゃのおばあちゃんになっている
三途の川にお迎えに出たときに分からないと困るので
若いときの写真と、名札をつけてあげないとね!
私が言うと、和尚さんが
「大丈夫今も側に居て見てるから、ちゃんと分かるよ」と話してくれました。
時々、父の気配を感じるぽん母(気持ち悪いかもしれないけど)
夜、冷たい手(多分)で私の腕をやさしく撫でていったり
肩が重たかったり・・この日もお経の間は肩が重かったんです。
信じる、信じないは人それぞれですが
絶対にお父さんだと、信じているぽん母です。

この後、少し遅めの昼食を食べに八戸へ向かい
叔母と待ち合わせ、ここでまた少しおしゃべり(母が)
その間、同じ建物の中にこんな物を発見!
画像 170.JPG
2階から撮ったので少し見づらいですが
八戸の三社大祭の山車です。毎年8月の始めに行われます。
その横には、ぽん母の趣味のステンドグラス
画像 171.JPG

画像 172.JPG

画像 174.JPG

画像 175.JPG
お祭りや、八戸の景色を作品にしていてとっても素敵でした〜わーい(嬉しい顔)
いつか、こんなにステキな作品が作れるようになるかなぁ〜?
夢がどんどん膨らみました〜(笑)

八戸を後にし、小僧’が首を長くして待っている
自宅へと急ぎました
画像 177.JPG
36年・・・毎年
母と2人だったり、子供を連れていったり、今回のように主人と3人で・・・。
この先も変わらない我が家の初秋の恒例行事です。
長い36年だったような、あっという間の36年だったような
こうしてブログに書いているときも
私の側で、笑って見ているのでしょうか?
呼びかけても、決して返事をしない父親に
今日も元気だよと、話しかけています。

ニックネーム ぽん母 at 12:48| Comment(8) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
37回忌
長いようで、あっと言う間・・・
私は母の37回忌には生きていないよ
それだけ早く、お父さんが亡くなったって事なのよね(┯_┯)
趣味のステンドグラス
ぽん母さんの作品かと思って凄いって拍手してたら
( ̄◇ ̄;)エッ
違ったのか・・・・・
ぽん母さんなら、今日にでも作れるでって♪
Posted by みゆきママちゃん at 2010年09月06日 17:04
36年 ずっとお父さんは ぽん母さんの傍で一緒に同じ時間を感じていたに違いありません。
家も 息子達も父親が亡くなって19年...
息子達と同じ時間を過ごしていると思ってます。
そうそう ↓バロンくんもね。
一区切り...
改めて 生きているものも 気持ちを新たに頑張らなくちゃね。
Posted by ひでちゃん at 2010年09月06日 17:17
法要お疲れ様でした。
うん、近くにいると思いますよ。
私はそういうのとっても信じるほうなので、
というより、あると思っている人なので。
うちは、この9月で20年。
父の声を聞かなくなって20年。
37年もの間、ずっと拝んでくれるなんて
すごいなぁって思いました。
私もぽん母さんを見習って、ずっと拝みます。
ぽん母おとうさんと、
うちのおとうさんって、
私たちがブログで交流しているように、
向こうで交流してるような気がしてきました。
Posted by りんご at 2010年09月06日 19:59
ラッキーパパも、父の7回忌に、帰省してきました。
次は、13回忌です。
ポン母さんは、毎年法要を‥‥
幸せな仏さんとお坊さんが言われるわけですね。
ラッキーパパは、ポン母さんのように、身近に父を感じませんが、
父は千の風にのって、いろいろなところにいるのでしょうね。
37回忌ですか‥‥
先日97歳で亡くなった、ママのお父さんは、
昨年おじいちゃんの50回忌をしました。
ということは、おじいちゃんは、父が46歳のときに
亡くなったということですね。
今年は、そのお父さんの初盆でした。
父親の50回忌が出来るということは、
なかなかないことですよね。
ポン母さんは、59回忌できますね。
Posted by ラッキーパパ at 2010年09月06日 20:57
みゆきママちゃん 様

過ぎてしまえばアッと言う間の36年だったよ!
きっとこんなかわいい〜娘?置いていって
今頃後悔してると思うよ顔(イヒヒ)

ステンドは八戸駅の横のユートリーって言う
建物の中にあったのだぁ〜顔(ペロッ)
こんな大作がいつか作れたらすばらしいなぁ〜って
そう思って写真撮って来ちゃった!!



ひでちゃん 様

生きてそばにいてくれたら良いじゃん!って
本当はそう思ってるけどね・・・もうやだ〜(悲しい顔)
命あるのもの大切さを痛感してる。
人もワンコも・・すべてのものも・・ね。




りんご 様

りんごさんのお父様は20年かぁ〜。
今になれば、今話したい事が沢山あるよね。
思わず「ばぁ〜か!」って墓石に言う時があるよ顔(ペロッ)
お互い父の分までう〜んと長生きしようね。

きっとね天国でりんごパパとうちの父と
娘自慢大会してるよわーい(嬉しい顔)
あとキャバの自慢大会もね!どっちが大きいかとか(笑)




ラッキーパパ 様

大切な人や物etsって失くしてから
その大切さが分かるよねぇ〜。
そんな思いをして、人も成長するんだろうか?
いつか自分が天国へ行った時
残していった人たちに「大切な人」だったと
思われるように生きていかなきゃならないね!
父を身近に感じるのは、気持ちの問題もあると思う
あまりに早く亡くしたから、私が側にいたい
そう思っているからなのかもしれないよわーい(嬉しい顔)
50回忌の法要・・ばあさんになちゃうよ〜(笑)
Posted by ぽん母 at 2010年09月07日 14:27
お疲れ様です。
黙っていても見守ってくれていたから、今のぽん母さんがいるんでしょうね。
生きるって大変だ
Posted by メルポポ at 2010年09月07日 22:35
メルポポ 様

ありがとうです。
そんなにやさしい言葉かけてもらったら〜
泣いちゃうよ〜顔(泣)
楽しい事がたくさんあるから、生きられるよね!
Posted by ぽん母 at 2010年09月09日 12:07
私も、しわくちゃまで生きてたらあの子がわかるかなぁ(^^ゞ
うちの旦那は中学生の時に母親を亡くしてて
もう33回忌です。
一番下の弟がまだ7歳の時だったのですって。。
立派に育ち過ぎた(笑)我が子達を
あの世から見守ってくれてるんでしょう。
姿かたちは無くともいつも安心感があるのは
やっぱり、間違い無くそばにいてくれてるからね☆
Posted by のんち at 2010年09月17日 15:43
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2358259
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック